海外投資と太陽光と仮想通貨でセミリタイア

投資でたべていけるように日々画策中

家は現金で買うより、住宅ローンで買った方が安い。そんなことがあり得るのか?

住宅ローン控除が、とか

いずれ自分のものになるから、とかの話ではないです。

 

家をキャッシュで買うより、

住宅ローンで返済した方が、最終的に支払額が減るっていうはなしです。

 

あっでも日本な話じゃありません。

デンマーク、その大手銀行グループのノルデア・クレジットが、住宅ローンマイナス金利適用。

 

国債がマイナスなのは、まだわかる。

国の信用が絡んでて為替の思惑もあるでしょう。

 

銀行預金がマイナス金利は、マネーの本質に反している気がするけど、

でも、ATM を使った引き出しの手数料ビジネスという点も銀行にはあるので

これもまあなくはない。

 

でも住宅ローンマイナス金利ってどういうことなんでしょう?

普通の頭で考えても

マイナス金利ー通貨下落ーインフレー家はむしろ買いたい!ー安く買えるなら大歓迎!

一方貸し手の銀行は手続きにかかる人件費、等、損するばっかりです。

別枠で高額な手数量がはいるとか、国から住宅促進の補助が出るとかじゃなければ

損しかしません。そんな商品ありえるんでしょうか?

 

ない頭でひねったのが

将来デフレになる、という確信があるとき。

今の100万円より10年後に返してもらう90万円のほうが価値がある、という場合。

だからデフレ。

でもそもそもデンマーク中央銀行マイナス金利に振ったのは

通貨高を止めたくて(ユーロ下落へのヘッジ)やったと見てる意見がブログやコラムで多いんですよね。

それってインフレ方向じゃん。。。

 

摩訶不思議なマネーの本質。

資本主義が変化して、いままでにない新しい資本主義に変化しようとしているのか?

 

リテール関係ののマイナス金利がこのまま続くのか、

 注視したいと思います。