海外投資と太陽光と仮想通貨でセミリタイア

投資でたべていけるように日々画策中

HSBCの内部告発で海外投資にまた逆風か。

f:id:harionikki:20170731142925j:plain

HSBCの内部告発によって

ブラックな口座があったことがニュースになりました。

 
HSBCに口座を持つものにとっては
あまり嬉しくないニュースだ。
 
なんかなんにもしてないのに脱税っぽいイメージは
ほんとやだし。
 
世界でトップクラスの資産残高を持っているという意味では
財務的には非常に安心できる銀行なのですが
こういうことが続くと国際社会的なリスクが上がっていくので
ほんとやめてほしい。
 
イスラム国の事件もあり、
海外口座を日本人が開くのは
実務的にも心理的にも
さらにハードルが上がりそう。
持ってるだけで怪しいイメージが増幅されそう。
 
でも日本という島国にいて、
地質学的にもリスクがないといえない中で、
海外口座というのは
ヘッジとしてかなり有効だと思っています。
 
日本がデフォルトした時、預金封鎖されても
資産を逃がせる場所は持っておきたい。
FXや外貨預金でも良さそうだけれど
国内の口座であれば実は意味がなく同じように封鎖される。
 
もちろん明日から急にということはないにせよ、
そうゆう気配が立ち込めている頃には
みんなが資産フライトを考えるので
すぐに海外の金融機関に口座を開けるとは到底思えない。
そうなると資産の逃がし先がなくなる。 
 
組織に属していればみんなで考えたり、
海外支店のある会社であれば
なにかのつてがあったりするかもしれないが、
フリーランスは社会的資本が少ないので
自力でサバイバルしないといけない。 
 
海外口座は動きがないとロックされたり、
英語のやりとりも含めて面倒なことが多いけど、
個人的に維持しておきたいインフラの一つだ。

 

なのでできるだけ早くシンガポールHSBCや

カンボジアのPPCBとか、

開きたい口座は近年のうちになんとか口座開設に行こうと思う。

 

でもやれて来年かな〜