海外投資と太陽光と仮想通貨でセミリタイア

投資でたべていけるように日々画策中

株価は上がっているけれど、日本破綻が遠のいたわけではない。

株価、為替を見ていると

今年日経2万円も夢ではなさそうだ。

2万円台をキープするかは置いといて

一時的になら2万円はいくと思う。

 

でも、その分好景気で日本破綻が遠のいたかといえば、

そんなことはないと思う。

 

好景気であればむしろ、

支出を絞って財政の健全化なんて余計先送りされそうだし。


日本一の個人大株主竹田和平 株価2万円超えを前に大いに語る「私はこれから何を買って、何を売るのか」 | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

こんな景気の良さげな記事でさえ、

竹田さんは2021年に日本破綻の可能性に触れているし、

 

日本の債務がどれだけやばいかを書いているコラムがあったり。


日本は「戦争をできる国」にはなれない | 岐路に立つ日本の財政 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

株高に乗りながら、

円安になる前に、外貨に変えて

できれば日本の外に出す、というのが

今は一番良い資産運用に思えてならない。

オフェンスは国内株式で

ディフェンスが海外預金も含めた外貨建て。

一昔前の逆のような資産運用に見えるけど、

こっちのほうが正しいように思えてくる。

 

景気が良くなって

アベノミクスが庶民に波及するのかはしらないけれど、

波及しだしたらよりいっそう

破綻に向けて走り出していると想定して

対策を立てていかないといけない気がする。

 

海外に資産を移していくのは

コストやめんどくささを感じるだろうけど、

円一本の資産だと

それって沈みそうな会社にいつまでの残っているのと

同じくらい危ない気がする。

特に社会的資産がないフリーは金融資産だけが命綱なので

金融資産の安全化、耐久化を

世界情勢を見ながら本当に具体的に進めていきたい。

 

ただ今動かせるお金があまりないことだけが歯がゆい。。。