ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

区の融資相談にいってきた。

区から金利の補助してもらいながら

融資を受けるには、

 

区の面談を2回受けて

あっせん状をもらい、

そのあと信金と東京保証協会の審査を受け

融資にいたる。

 

その区の面談1回目を受けてきた。

 

なんかまず久しぶりに面談の洗礼を浴びました。

初対面の面談。しかもこちらがクライアントではなく、

向こうの審査に通るようにこちらがお願いしに行く関係での

面談。。。全然うまくいかなかった就活の面接を思い出す。

 

向こうは割と役所のチェックしたいポイントのことを

聞こうと質問してきているんだろうけど、

その質問の意図がわからなくて話がかみ合わないぜ。。

そして運転資金の融資を頼みに来るんだから

事業大変なんでしょ?みたいな感じもちょっとやりづらい。

 

問題になったのは事務所の住所がないこと。

登記はしているのですが、

社宅として借り上げているために居住用で契約しているため

事務所の実態がないという判断が出て

そもそも融資に進まないかも、との判断をされるかもとのこと。

 

あと太陽光を一括償却してるので償却がこんなにあるのになんで

資産がないのと聞かれる。

どうこたえればいいかわらない。。。

信金の人にもそんなこといわれたな。。。

あとで税理士に電話で聞いたら一括償却してるからと、

説明すればいいとのこと。

太陽光の一括償却って説明したんだけどな。。

 

あとは一通り説明を受けて

書類を整えたら2回 目の面談きて、とのこと。

ただその前に事務所のことを

東京信用保証協会に質問したほうがいいとアドバイスされる。

 

提示されたのは小規模企業緊急融資、みたいなので

年利0.1%という激安金利で融資受けられれば

ぜひ受けたいけどなんか雲行き怪しくなってきたかな。。。

 

この後東京信用保証協会に聞きに行った話は

また明日書きます。