ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

源泉徴収支半年分払ってきました。

今年も半年が過ぎ、

うちの会社は12月決算なので

この時期に源泉徴収半年分の支払いがやってくる。

 

年明けみたいにボーナス払いの後じゃないから

そんな大きな額じゃないんですけどね。

 

それでも納税で一万円札が飛んでいくのは

毎度のことながらいやなものです。

せっかく自分で稼いだ金が。。。的な。

 

安全なこの国で生きていくコストという意味で

納得はしてるんですけどね。。

 

でもこの税金払いへの嫌悪感は

他の人より強い気がする。

いろんな節税方法を無理してでもとってくスタイルは

税理士からも本当に税金払うのが嫌いなんですね、

といわれるくらいなので。

 

そういう意味では施す余裕とか

とういうものに対して意識がいかず

自分のことばかりだから、精神年齢がまだまだ子供ってことなんだろうか?

 

会社員として税金を払いだしてから14年たち、

独立して5年経つけどまだうまく税金と感情が折り合わない。

 

世間の人はなんとも思ってないのかなあ。。