海外投資と太陽光と仮想通貨でセミリタイア

投資でたべていけるように日々画策中

巻き込む力と巻き込まれない力。

フリーになって、立ち位置的にも

巻き込まれない力がとても強くなった。

 

当然社内しごとみたいなものから解放されるし、

いちいち時間単価でお金がかかるから

変な仕事にまきこまれることはぐっと減った。

だけど、自分から巻き込まなければ

そういう距離感の人間関係は生まれることはなくなって

少し寂しさもある。

 

独立して組織にしていく人と、一人でやる人の違いは

巻き込む力、その資質があるかないかの違いなのかなあと思う。

一人でやっていて、今後も会社で人を雇おうとかはいっさい思わない私としては

きっと向いていないのだろうし、無理にやろうとは思わないけど。

 

いつまでもひとりだと、どん詰まり感というか

これいじょう成長するのは限界なんじゃないか、なんて思いにも駆られる。

 

この前読んだ本で

 

仕事。

仕事。

 

 

この本の沢木耕太郎の話の中に出てくるのだけれど、

一番強いチームは一人でサバイバルできる力を持った人たちが

ゆるくつながっているパーティー、

という文章がすごくしっくりきて印象に残っている。

フリーランスの生き方のスタンスの説明がすごくしっくりきたので。

 

この感じで仕事をしていければ良いなとホントに思う。

ただ、現役プレーヤーとして考えれば

年齢とともに個人のサバイバル能力は落ちるわけで

前線にいられる50代、60代になれるのか?

なんてことはまた別問題で上がってくるのだけれど。