ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

お金持ちの教科書を読んで。

この休みで前から読みたかった

お金持ちの教科書を読みました。

前々から気になっていた本で読んでみたら、

思ったより時間がかかり

(読みずらいわけではなく、読んだら考える作業が発生したので) 

久しぶりに将来の目標の再設定とか、

ふわっとしていたフリーでの稼いだ先を

明確に見つめないと、という気になった。

 

お金持ちの教科書

お金持ちの教科書

 

 

結構シビアな事を書いてある。

というか現実を淡々と書いているように思う。

 

私としては

運用益が年1000万をゴールに見立ててはいたが、

どこかぼんやりしていて、今の運用益から見れば

夢のまった夢なんだけれども、

そこが一つの分岐点で

はじめて働くかどうかを選択できるんだなあという感じが

腑に落ちた。

 ちなみにそのための資金量はいくらいるのかを計算すると、

3億円を3.5%で回して1000万。

 

当面は運用資金を3億まで延ばす。

あと10年でというのが目標になるんだなあと。

そうするととりあえず家も車も保険も買わずに

資金量を増やす事に注力しないと

自分がフリーで現役でいられる間に資金が3億まで行かなそう、

ということも見えてきた。

 

フリーは瞬間風速的に稼ぐことができたりするので

一瞬富裕層が見えてきた気もするんだが、

いやいやそれはまだ遠く、

きっちりお金と向き合って積み上げていかないといけないんだなあと痛感した。

 

フリーになって5年。

一区切りして次の目標がぼんやりしていたので

良いタイミングで良い本に出会ったなあと思う。