ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

ドラギも中国も緩和モード。通貨安戦争突入か?

ドラギマジックと言って市場は踊り

中国も利下げ。

なんやかんやで円安の風が吹き、

日経も上がることになりましたが

 

この見せかけの上りは怖いですね。

通貨安戦争再び戦闘突入、

なきもします。

 

アメリカはどうするのか。

ここで一人強気に通貨高に持って行って

あらたな金融トレンドを作るチャンスでは

あると思うんだけどなあ。。

 

強い通貨で世界を買っていくという戦略は

ひとつあると思うんで。

 

我が国のトップは本当に見通しながら

経済目標をいっているのか?

ちょっと現実味が離れた内容になってきて、

具体策に乏しくなってきてるきがする

アベノミクス

 

ただのバブルとして泡と消え行くのか

ここからが見ものだと思っています。

これでダメなら

政治主導の経済対策は無理なんだろうなと諦めざるをえないだろうな。

 

あとはダメ元でどう国の制度を利用していくかに頭を使う時代になるのだろうか。

というかずっと前からそうい物だったという話もありますけど。

でもアメリカは赤字を減らした。

日本は減らない。

この差はなんなんだろうか。

国際的に置かれている立場が違うから

政治手腕というには横暴だけど

でも赤字を減らす手法は見習ってほしいものです。