海外投資と太陽光と仮想通貨でセミリタイア

投資でたべていけるように日々画策中

バックオフィス業務の損益分岐点

f:id:harionikki:20170802113608j:plain

久しぶりに土日が休みになったので

溜まっていたバックオフィス作業をする。1時間くらいかと見積って始めたけど2時間以上かかる結果に。
思い出すと毎回こんなだったかも…

 1人で自己完結する単純作業は

学習しないものだ。
 
何をやっていたかというと、
まず交通費精算。3ヶ月分。
会社を自分でやっているので
これは申請できる期限過ぎてるからだめ〜。
みたいなことはないのだけれど、
タクシーのレシートがたまるたまる。
 
あとフリーのひとがどれだけやってるかわからないけど、電車の交通費。
 
これをスケジュール表を見ながら
1日1日やっていく。
タクシーレシートも記憶を辿りながら、
やっていく。
クライアントに請求して精算できたものもあるから、タクシー利用の記憶と領収書の枚数は合わないので
きちんとするのは時間がかかるのである。
 
さらに出張もあるので
全部を精算するにはこれがなかなか骨なのである。
 
これだけやってどれくらいの利益をもたらすのか…
 
2ヶ月の出張手当も含めた交通費は
10万超えるので、
それを経費にしたらざっくり
税金が2万浮くぐらいの感覚ですかね。
赤字経営で太陽光を一括償却してるので
しばらく経費といっても赤字を積み上げるだけなんだけど、
今のまま走り続ける想定なら
数年後には節税対策が必要になるので
経費を積めるだけ積んどいた方がいい。
 
なんで正確ではないけれど
所得税20%くらい?という計算で
交通費精算2ヶ月分の労働は
2万円くらいの価値と考えてます。
なんで時給1万円弱のバイト、
やるべきか、やらざるべきか。
そんなん時間できたら
絶対やった方がいいよね!
 
そうやって時間の切り売り感覚から
抜け出せないから、
なかなか次のステージにいく道筋が
見えないのかもしれないけど…
 
でもきっと来年もちまちま交通費の精算してると思います!
 
1人でやってる以上、
他にやってくれる人いないし、
精算しなくていーやなんて思えるくらいの大金が入ってくる予定もないので。