ハリオの日記

フリーランスが考えるマネーリテラシー


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

投資資金がいつもカツカツのタイミングで気になる案件が来る。

太陽光の物件をまかしているところから、

新規物件の案内が。購入履歴のある顧客に先に情報流してるみたいで

なかなか好条件そうな物件です。

 

いつも投資案件をを検討するときに、

もうちょっといいタイミングでこの話が来たらなあと、思う。

ギリギリの苦しい資金繰りの所の案件がやってくる。

もう少し後とかなら比較的資金繰りのプレッシャーを感じずに

検討できるのに。と。

 

でも投資というのはそういう物なのかも。

特に実物をとりあつかう不動産や太陽光見ないのものは。

人生において試されているような、そんな感覚にも陥ります。

 

話は太陽光の運用に戻りますと、

太陽光は2つ手がけて、

さすがに打ち止めかと思ってました。

 

ただ今回みたいな条件のいい案件となると考えます。

まだ一般非公開案件なので詳細伏せますが、

40円案件で価格が不当につり上がってない、低圧の案件。

 

マネーフロー的には

保険の出口で太陽光2基分の融資残を一掃しようと計画してましたが、

それを先延ばしにして、新案件に突っ込めれば

3基目をやるのもまあ無理ではないかな、という状況です。

海外の投資案件によくある、

有利な割引期間が設定されていて、

それに間に合わせようとすると、来週中に結論出さないといけないので

高山案件に続いてまた急な展開ですが、物件のデューデリ

我が社の経営計画を詰めないと、です。

 

投資案件は判断のスピード勝負でもあるのできっちり考えて結論出したいと思います。