海外投資と太陽光と仮想通貨でセミリタイア

投資でたべていけるように日々画策中

京都に日帰り視察に行ってきました。

f:id:harionikki:20170801161544j:plain

太陽光京都案件の場所を

視察に行ってきました。
 
まだ土地造成前で
販売業者すら現地に行ったことが
ない状態で何も見れませんが、
業者が現地に行く12月がタイミング取れなそうなんで、
今日日帰り京都旅行になりました。
相変わらず太陽光は都市から離れた
土地の安い場所が鉄則なので、
最寄り駅からも距離があるので
実家の兵庫県から車で行くことにしました。
 
天気もそんなよくない中、
何やってるんだろうな的なドライブ。
 
しかも行く場所は町名わかってるけど、
番地はグーグル先生に聞いてもわからず。
というか土地造成したタイミングで番号振られるのか?よくわからないけど。
 
場所わからなかったら
町役場に突撃して聞くしかないかなと覚悟しつつ行き当たりバッタリな旅が始まりました。
 
分譲太陽光のレイアウト図と
グーグルマップをにらめっこしながら
場所を探す。
 
するとなんとなくその一帯らしきところに。
というかこの一帯めちゃでかいです。
 
区画に区切るような道路と
道路にしようとしてるような道が碁盤の目になっているけど
草はボーボーで頭の高さを超える放置っぷり。
 
そして草の間から見える売物件の看板。
そしてたまに草のかられた区画があり、
そこには管理地と管理者の名前が書かれた立て札が。
 
うーむ、これは…
開発途中の新興住宅地!?
 
目的の住所のだいたいはきたけど電柱をいくら見て回っても
目当ての番地は見つからず。
多分あってるんだけどな、と思いながら
せっかくなので近くの町役場まで聞きに行く。
 
町役場で不審がられずに場所を教えてもらえるかドキドキしましたが、
特に問題なく町の番地の入った地図をコピーさせてもらう。100取られましたが
まあよしとします。
せっかく来たので
この広大な整備途中っぽい
土地はのんなの?と
質問したら、
40年ほど前京都府を巻き込んで
宅地開発したけど
途中で止まってそのままみたいで、
水道も通っておらず中途半端なまま
放置されてるとのこと。
 
なるほどー。謎は解けましたが、
40年ほど放置って大丈夫ですか…
 
ところどころ土地を買った人もいるけど
にっちもさっちもいかなくなって放置なのか、よくわかりませんが
このいわくつきの土地を太陽光につかえないか誰かが絵図を書いて、
この京都案件が立ち上がったんですかね〜?
 
40円案件なのは、
40円のうちに申請は通したんですが
そのあとの土地利用の調整がうまくいかなかったんだろうか?
 
土地にもドラマがありますね。
 
そんな思っていたより特殊な土地ではあったので、
もう少しいろいろ業者と揉んで、進めていきたいと思います。
 
普通に完工して売電できれば
40円売電案件なんで美味しいんですが、
美味しいものには得てして毒があったりするものなので慎重にやりたいと思います。