読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

保険料の年払いと月払いの支払い価格差は以外とバカにできない。

会社運営、フリーランス
保険の出口戦略として、
ひとつ目の保険の最終工程に
きているのだけれど、

解約返戻金が合わなくて
右往左往。
想定よりいいならいいけど
そんなわけなくて。

解約返戻金が100%近くになる法人保険の最終年度の振り込みを、
年払いだと大きなお金が1ヶ月とはいえ動くので月払いに変更して
1ヶ月だけ支払って解約返戻金を予定の額に持ってこうとしてたのですが、

保険料って年払いすることで
当然割り引かれてるみたいで
月払いに変更したら当然その分
ギャップが出るわけで…

なかなかそこを理解するのに時間かかりました。

資料からキチンとシミュレーションしてほしいと言っても、
保険会社が合併されてて
その保険商品ももう販売してないとかで
リアクションの対応が重い…

すげーこちらとしては気持ちに不満の残る出口になりそうです。

税理士も保険の代理店も
その差額については細かくみないし
指摘もしてくれませんでした。
少額なら私も気にしませんが、
月払いと年払いで10万超えてくるとちょっと言ってくれてもいいかな、
なんて思います。

割合としては1%くらいの誤差だけど、
1%運用率上げるって大変なことだし
大事の前の小事とはいえ
保険なんだからもうちょっときっちり
説明とかもしてくれたらいいのにと思いました。