ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

面倒くさい住民税の天引き

昨年からサラリーマンを引退した父に
役員にはいってもらって、
給与所得控除額と相殺できるような
微々たる給与をはらっていたのだか、

昨日特別徴収額の決定通知が来て、
毎月天引き分と年金天引き分に分かれて納めるようになっていた。

いろいろ分落ちなくて、
特に給与所得が0(年65万までは所得控除で相殺される)なのに
給与を払ってる会社からなぜ天引きしなければならないのか。

年金額によっては天引き住民税が
給与を上回る場合だってあるはず。

なんか制度にしっくりいかない。
市の担当部署に連絡したら、
普通徴収の手続きを案内されて、
結論天引きもせずに、
年金所得のほうから個人が払う形にできたのだが。
本音を言えば、こういうケースは
自動的に特別徴収せずにむしろ自動で普通徴収にすべきだと思うんだけどな。
もちろん給与所得によって発生(上乗せ)される住民税があるなら、そのぶんは天引きでいいんだけれど。

いろいろ面倒くさいのでいろんな税金を消費税にまとめてもらえると事務手続き的には助かるんだけどなぁ