海外投資と太陽光と仮想通貨でセミリタイア

投資でたべていけるように日々画策中

面倒くさい住民税の天引き

f:id:harionikki:20170801085438p:plain

昨年からサラリーマンを引退した父に

役員にはいってもらって、
給与所得控除額と相殺できるような
微々たる給与をはらっていたのだか、
 
昨日特別徴収額の決定通知が来て、
毎月天引き分と年金天引き分に分かれて納めるようになっていた。

いろいろ分落ちなくて、

特に給与所得が0(年65万までは所得控除で相殺される)なのに
給与を払ってる会社からなぜ天引きしなければならないのか。
 
年金額によっては天引き住民税が
給与を上回る場合だってあるはず。
 
なんか制度にしっくりいかない。
市の担当部署に連絡したら、
普通徴収の手続きを案内されて、
結論天引きもせずに、
年金所得のほうから個人が払う形にできたのだが。
本音を言えば、こういうケースは
自動的に特別徴収せずにむしろ自動で普通徴収にすべきだと思うんだけどな。
もちろん給与所得によって発生(上乗せ)される住民税があるなら、そのぶんは天引きでいいんだけれど。
 
いろいろ面倒くさいのでいろんな税金を消費税にまとめてもらえると事務手続き的には助かるんだけどなぁ