読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

国をみんなで作っていくというよりは、国という制度をどう利用するか。

雑談

三菱東京UFJが負債になる国債なんか引き受けらんねーよ、

なんていってますね。www.jiji.com

 

経済合理性からいけばまあ正しいんだけど、

こういう方向になっていくのならパナマ文書だってなんら叩かれる必要はないし。

でかい銀行はいざというときには国に救ってもらったり、

不良債権問題から何年も税金払わないで利益を出してこれたり

そういうことはやってもらうけど

損することはやりません、みないな感じに見えるんだよなあ。。

もしそうなら、大恐慌があった場合は国の救済ルールは適応されません、

グループ内でなんとかしてね、ていわれてもいいくらいの距離感を国と取ってやっていってほしいものだ。

困ったときだけ国に頼ろうとするのはなんか負に落ちないので。

 

国の制度のいいとこ取りを大企業にされるようになると

そもそもの税収システムが崩れるようなことになりそう。

まあもう崩れ始めているんだろうけど。

 

国というものがそこに住む人が作っていく、というところから

自分に有利なシステムを有する国を場合によって使い分けながら

利用していく、という風になっていくんだろうか。

 

国が先か、人が先かを突き詰めると、富裕層の人が勝ち残るんだろうなあ。。。