ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

財布の紐の緩め方、締めかたの難しさ。

最近は本当に財布の紐の加減が

よくわからなくなってきてる。

 

今年は去年と違って子育てしながらのフリーランスの仕事なので、どうしても去年みたいにスケジュール、いつでもいけるんで、電話鳴って都合ついたらとにかく仕事受けて稼げる分だけ全力で稼ぐ、みたいなスタイルは当然取れなくなっていて、

 

仕事がなさそうなところは家族や娘の予定が入り、そこで飛び込み的に来た仕事は受けられなくなった。

 

現状半年経って売上は2割ダウンといったところです。

 

ここが絶妙にシンドイ‥

自分の働いた時間単価の請求なんで働く時間が減ったら当然売上下がるんだけど

 

レギュラー仕事以外で結構稼いでいたんだなと。そして電話ですぐやります!という返事をすることはすごい営業になっていたんだなぁとも実感しました。

 

まぁいつまでも365日スタンバイのスタイルで仕事はできないし、それで人生いいのかというのもあるので

 

今の状況は新しいワークライフバランスをつくるための過程であり試練だなと理解はしてるんだけど、バランス、めちゃ難しいです。

 

去年より稼いでないのに去年みたいなお金の使い方でいいのか?

でも忙しさは去年より上で確実に睡眠時間も減ってるところに倹約が重なると生活の息苦しさがさらに増すわけで。

 

時間かないからこそ、時間にはお金を惜しまず、また悩んで先延ばしにするなら買って試して、頭の中を少しでもスッキリさせてく方が精神衛生上いいんだけど

現状のスタイルの収入の頭打ち、

そしてもう去年のような売上は今の仕事だけでは上げられないんだろうな、という中年のサラリーマンによく見る自分の可能性が見えてしまったことでの自分の中で抱える停滞感に似た重苦しいモヤっとしたものが頭から離れなかったり。

そうするともうお金使ってしまえ!みたいな気持ちも芽生えてくるし。

 

何が大事かの優先順位が

いろいろ揺らぐ中

体力の限界ギリギリで日常が過ぎていく。

 

それをのりこえることが大人になるってことなんだろうか‥?

 

投資が調子良ければまた気分もちがうんだろうけど、まあイギリスで当分そんなことにはならんよなぁ‥

 

今、受験生的な時期だと思って、そのあとに楽しいキャンパスライフがあると信じて今年はひたすら我慢しながら仕事と投資を真面目に継続するを積み上げるしかなさそうなんだよなぁ。

 

シンドイけど。でもがんばろう。