ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

トランプショック。積立投資だと心に安定感が。

昨日のトランプショック、そして今日のリバウンド。

自分としてはまだオプションをトレードしてなくてよかった。

というのが一番の感覚でした。

きっと1年か2年分の利益を持って行かれた上、損失に頭がクラクラだっただろうから。

やってたらきっと数百万の被害が出てただろうな。。。

あんだけクリントン優勢という空気の中でプット買いで爆儲け、とか自分にできたとは思えない。。。

 

コモンズがNISAで順調に積立られてはいますが

さすがに昨日のショック時は大結構下げるね、

16000割ってきたらちょっと心理的にしんんどくなってくるなあ

なんて構えてましたが16000を割ることはなさそうだったので

心穏やかに眠れましたし

日常に影響を及ぼすことはなかったです。

 

今日開けてみれば爆戻しで

為替含めてストップを巻き込んでの下落と上昇で

破裂度合いが年々ひどくなってる気が。

 

リバウンドまで証拠金を持ちこたえられた人はよかったでしょうし、

すぐさま流れに乗れる能力のある人には

ものすごい稼ぎどきだったのかもしれません。

 

でも自分でできること、できないことは30半ばになれば結構見えてくるもんなんだなあと

ひしひしと実感します。

自分には無理だったと。

それを嘆くことも必要ないし、できないことに無理に突っ込んで怪我をせず、

やれそうなこと、勝てそうなことを模索してやっていくオッさんの戦い方が

少しは身についてきたのかなとも思いました。

 

今年もあと少し。来年を見据えながら自分に合う投資を探したい。