ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

SBからDTIにMNPしたらいろんなトラブル続きでなかなか乗り換えが終わらない。②

昨日からの続きです。

 

今日は起き抜けにモバイルスイカを解約、払い戻し手続きをして

applewatchのリセットから始めました。

 

リセットしてしまえば普通にペアリングできるので

そのあとiphoneでApplePayを設定し、applewatchのApplePayを設定。

 

バイルスイカは退会すると1日は再登録できないので

明日作業します。

 

そしてまたつまづいたのは留守電。

 

そもそも自動で文字起こしして、しかもapplewatchにも対応ということで

普通に留守電をオプションでつけるより、全然いいのでは?

と思っていたスマート留守電。

 

SBからDTIに乗り換えた私にとってゲキムズの設定でした。

まず設定方法の説明が特になく、

転送設定でDTIを選んで進むと

下記の番号にかけて転送設定してください

*120*1*050-××××-××××*#(×は割り当てられた転送先電話番号

と出るのですが、

*120*1*050-××××-××××*#なんてどうやってかけたらいいんだ!

アプリは決済しちゃったし、途方に暮れて

普通に留守電オプションにしときゃよかった。。。って思いつつ

結局いろんなMVNOのスマート留守電の設定をブログで見て

docomoの転送の設定のやり方を発見。

1429にかけると設定できるみたいなので

かけてみると、。。

設定できたー!!!

 

転送設定なんか普通しないし、

そこの手順くらいスマート留守電側で丁寧に説明してもいいんじゃないの!

とすげー怒りが、、、

そもそも*120*1*って何か結局わからないし。

 

まあ何はともあれ使えるようになったのだからとテストをしたのですが、

指定の秒数コールした後、

「この電話を転送します」⇨転送される音⇨応答ガイダン

「スマート留守電に接続します」 「発信音の後にメッセージを録音してください」 

このやりとりが長いし、「この電話を転送します」というのが怪しいし、

「スマート留守電に接続します」も怪しいサイトに繋がりそうな気配があって

好きになれない。

この感じで案内されると留守電残してくれる率が下がりそうで少し心配です。

ちなみにガイダンスは固定で変更はきかないみたい。

せめて録音した自分の声でガイダンス変えられればいいのに。。。

 

文字起こしも思っていたほど正確ではなさそうで

しばらく使ってみようとは思いますが

思っていたほど素晴らしいサービスを受けられる感じはなさそうで

ちょっと期待が大きかった分がっかり。

 

そしてそこからもう一仕事。

APNを設定しないと4Gでネットに繋がりません。

WIFI下で色々設定していたので気がつかなかったのですが

外に出たらネットに繋がらなくて焦る焦る。

simchange.jp

この記事に助けられながらようやく設定。

 

何はともあれ、これで明日モバイルスイカを設定できれば

これで問題なく乗り換えが終わるんだと思う。

長かった。。。。