海外投資と太陽光と仮想通貨でセミリタイア

投資でたべていけるように日々画策中

石炭採掘投資をはじめます。

f:id:harionikki:20170731143930p:plain

エージェントから連絡があり、

前から目をつけていた、石炭採掘投資。

残り300万SGD分で新規受付をやめる、という連絡が入り、

太陽光のキャンセルもあり、投資にまわせそうなキャッシュもあるので

投資すべく準備を始めました。

 

石炭採掘投資というと、

鉱山採掘系の危なそうなイメージがありますが、

今手掛けようと思っているもは、

シンガポールにて石炭を投資家資金で購入し、

それをインドネシアを中心とした火力発電会社に売却し、

その利益を投資家で共有するというものだそうです。

 

投資額によって毎月のリターンが違っていて、

今回10万SGD投資すると、月に3%の配当がSGD建てで振り込まれます。

最近芸能人が騙された投資詐欺と同じくらいの高配当です(笑)

SGD建てではありますが。

 

投資スキームをさらっと書くと、

投資先はシンガポールの会社。

石炭採掘会社と売却先の火力発電所の間に入るブローカーの役割を担う会社に投資します。

今までは鉱山会社が自社資金で掘り出し、ブローカーに販売、そこから発電所に売却、というビジネスモデルが

今回の投資先のシンガポール会社が入ることで

投資家から資金を集め、

その資金で鉱山会社と一緒に石炭を掘り出し、(毎月の掘り出し量を2倍弱までに伸ばす)

発電所に売る、という流れになるそうです。(シンガポールの会社は営業会社(ブローカー)でもあるのでブローカーに売る必要はない)

 

石炭が採掘される場所はインドネシアやマレーシア(ブルネイ)とか。

このあたりはサイクルではなく表層に石炭があるみたいで

採掘コストが安いみたいです。

売却先は先に決めてスキームを組むので、売れないことはないビジネスモデル。

 

今回残り300万SGDでやめるのは、シンガポールの会社が儲かって、

自己資金でこのスキームが成立しそうな感じになってきているからだそうです。

 

3年契約で

3ヶ月後から毎月3%の利益が振り込まれ、

売り上げやスキームの状況関係なく基本支払われるのですが、

石炭価格がSGD30切った場合は

鉱山会社が利益がでなくなり、投資家も配当できなくなる。

その場合、3ヶ月ほど様子を見て価格がSGD30以上に戻らないと判断した場合には

1ヶ月以内に元本を投資家に返金する、

という3年以内に終了する場合があって、その決定権はシンガポールの会社にあるのが

リスクといえばリスクです。

 

もうこのスキームは走っており、開始当初から投資している投資家には毎月配当が払われていて

問題なく運営されているそうです。

 

まあ円建てで月3%だとかなり怪しい投資商品ですが、

SGDの為替リスクもとっっていますし

ビジネスしてる場所が東南アジアなので、それくらいでまわる投資もなくなないのか、

という感覚です。

 

先日マネパのFXでSGDに変え、新生銀行から海外送金したのですが、

知らぬ間に海外送金する事に対して

原資はなんなのか、目的はなんなのか、等々結構な質問に対して

答えたり証明したりしないと送金できなくなっており、

窮屈さを感じました。

 

もちろん犯罪資金やマネロン防止の意味もあるのでしょうが、

国としても資産フライトされるのをなんとかしたくてハードルあげてるような気もします。

 

着金の領収書もいただいたので

これで書類にサインして7月から配当が入る算段になります。

配当が始まる前に送金先にHSBCを選べるようにSGD口座を開くために

マレーシアにいかないとだめそうだな。。。。

 

海外投資の新たな軸になるような投資になってほしいものです。