ハリオの日記

フリーランスが考える日々の金勘定。


はじめに
会社を辞めてフリーに。ありがたいことに、独立後今のところは順調に仕事があるのですが、
私の職種は現役でバリバリ働ける年齢が40代半ばまでのため、それ以降は投資で食べていけるように
今から経験を積んでいこうとチャレンジしています。

投資経験は
株から始まって信用取引、FX、先物、先物OPと会社員時代に自己トレードしてましたが、
リーマンや3.11やアベノミクスの黒田砲やらでやられてしまって大きな損失を出して撤退しました。

それからは自分の才能のなさを認めて自己裁量ではない投資で運用していけないかと模索しております。
利回りと放置性を求めた結果、英語もしゃべれないのに、あぐら牧場投資的な怪しさ漂う海外投資もいくつかやっておりますので
面白半分に見守っていただければと思います。

旧友からの突然の電話。元気になるね。

大学4年間を体育会系のノリの寮で過ごし、2人部屋だったこともあり、

元ルームメイトとは

ちょくちょく今でも交流がある。

 

卒業して14年も経つので、

それこそ数年に一回、

突然電話をくれたりする。

 

僕は自分から人に呼びかけたり連絡とったりすることが苦手で、

かつ労働時間が年3000時間を超える、みたいな状態がここ数年続き、そこに子供が生まれて‥みたいな状態で

顔を合わすのは仕事関係か、子供の手続き関係か、家族だけになる。

 

そこにふっと旧友とのコミュニケーションが入ってくると、思った以上に心が癒された。特に用もないけどふと電話をかけてきてくれることが素直にありがたいなぁと思った。

 

30後半で40の背中が見え始めてる今は仕事のこと、家族のこと、お互いの近況を金勘定やお互いのポジションを考えず、気兼ねせず話せる人の大切さが身にしみました。